伊弉諾と伊弉冉(いざなぎといざなみ)その2

伊弉諾(いざなぎ)は伊弉冉(いざなみ)が死んだ後、大変悲しくて寂しくて、伊弉冉を連れて帰るために黄泉の国に行きました。

伊弉諾は黄泉の国で探し回って、ようやく伊弉冉を見つけました。でも伊弉冉の姿はまったく違っていました。綺麗な顔は腐って、顔に開いた穴からは虫がウニャウニャしていました。伊弉諾はびっくりして逃げました。伊弉冉は怒って、伊弉諾を追いかけました。

伊弉諾は黄泉の国の出口に来た時に、大きい岩を出口に置きました。そのため、伊弉冉は出ることができなくなりました。怒った伊弉冉は「私から離れたら、毎日1000人を殺します!」と叫びました。伊弉諾は「そうしたら、私は毎日1500人の人間をつくります!」と言いました。

その後、伊弉冉は黄泉の国の女王になりました。

伊弉冉
伊弉冉

ギリシア神話には、オルペウスとエウリュディケーと言う物語があります。これは、伊弉諾と伊弉冉の物語ととてもにいています。オルペウスはヘーデース(ギリシアの黄泉)に言って、エウリュディケーを連れて帰りたかったのですが、だめでした。世界でたくさんの国にはこの話とにいている神話があります。どうしてかな?不思議ですね。

この絵のプリントは私のEtsy storeか問い合わせフォームから買う事ができます。

「伊弉諾と伊弉冉(いざなぎといざなみ)その2」への7件のフィードバック

  1. Nice my friend. I really like the paint strokes you use for the fire. 😉

  2. 100%extra credit if u get here by interest & hearing about izanami and izanagi from naruto shippuden anime

コメントを残す