妖怪シリーズ:百目

One of the weirdest yokai I have ever come across is this monstrosity, the one-hundred-eyed demon known as Hyakume. I painted a version of him a few years back, in my Hyakki Yako panels from the first A-Yokai-A-Day series. This is the version that appears in Night Parade.

Hyakume
Hyakume

Hyakume 百目

生息地: 廃墟,寺,洞窟,日陰の場所
食べ物: 不明

外見: 名前から分かるように、百目は頭から足まで数えきれないくらいの黄色い目が瞬きをしている。 体は人間と同じ位の大きさであり、目を閉じている時はピンクの肉の塊に見えるため、「ぬっぺっぽう(生息地も似ている)」と区別がつかない

習性: 百目は古い寺の中に住み処を作っており、夜通し泥棒から寺を守っている。太陽の光は彼らの眼には明るすぎるため彼らは夜にしか姿を現わせず、日中は人気のない日陰の多い場所に隠れている。

人への影響: 人間が百目の場所に近づいた時には眼が一つ飛び出してその人間の方へ飛んでいくという。その眼は人間がそこにいる間ずっと側につき、悪さをしないか見張って、最終的に眼は百目に戻っていく。

百目の攻撃方法は暗闇から飛び出して脅す程度である。彼らは特に攻撃的な妖怪ではないが、その大きさと風貌は見るだけでも人々の恐怖心をかきたてるものである。


Interested in learning more about yokai? Check out my book, The Night Parade of One Hundred Demons, on Amazon.com and learn the story behind hyakume and over one hundred other bizarre monsters!

「妖怪シリーズ:百目」への3件のフィードバック

  1. What a coincidence that this is exactly what’s on this page: http://yokai.com/hyakume/

    It’s so, so easy to attribute work to its original author, so why didn’t you do it? Thanks for making the internet a little worse.

  2. Oh crap dude, sorry! I didn’t realize you were the writer at yokai.com! I feel like a huge idiot now.

    I get annoyed with blatant plagarism on the internet, and I thought you were doing that. My apologies, and thanks for all your great work.

コメントを残す