ツクヨミ

ツクヨミの尊は月の神様です。天照の弟で、イザナギの尊の右の目から生まれました。

この描のイメージを考えるのはとても難しかったです。ツクヨミの尊にまつわる話や絵は本当に少なく、やっと二つだけ見つける事ができました。それは先に書いた生まれた時の話と、保食神(うけもち)を殺した話です。

ある日、保食神(うけもち;食べ物の神様)は天照を大きな食事会に招待しました。食事を作るために保食神は海の方を向いて魚を吐き出し、森の方にお尻を向けて鹿と動物をおしりから出しました。最後に田んぼに向いて米の塊をゴホッと吐きました。それを見たツクヨミ様はとても気持ち悪くなって、保食神を殺しました。

天国に帰った時、ツクヨミは天照にすごく起こられました。怒った天照は空のほかの場所に引っ越して、もうツクヨミに会わないようにしました。その結果、夜と昼(月と太陽)が分れたといわれています。

ツクヨミ

ツクヨミの尊

この絵のプリントは私のEtsy storeか問い合わせフォームから買う事ができます。

ツクヨミ」への2件のフィードバック

  1. I am glad you shared the legend here, would be tough to understand the picture without it. Great one!

  2. ピンバック: A-Yokai-A-Day: Katsura-otoko | MatthewMeyer.net

コメントを残す